読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪漫日和

Seeking the romance of my life

だから荒野

日経ビジネス」で勉強します。

f:id:rbamw:20170120002010j:image

 

少しずつ変わっていこう。

 

授業後のリアペをうまく書けないもどかしさの原因は自分の教養のなさであると思う。無知である自分がコンプレックスでありました。

 

 

 もういい加減、コンプレックスに嘆くだけなのはやめて解消しようと努力せねばと思い、ちょっとずつ世の中のこと勉強していきます。

 

もっと知るべきことを知り、ある物事に対しあらゆる見方ができるようにならなきゃ。

 

 

世の中には自分と同世代でも、もっとかしこくて、広い世界に生きていて、大きな志を持っている人たちがたくさんいるんだなって、最近実感させられることばかり。

 

 

別に卑屈になっているわけじゃないんですよ。

 

 

そして、わたしも同じように無駄にしたくないんです。意味のある日々を送りたいんです。

 

 

なので、満足いく自分になるべくちょっとずつ変わっていかなければ。

 

 

 

変化といえば、とあるきっかけで、鈴木京香主演「だから荒野」というドラマを最近みました。

 

まあ、とあるきっかけというのは「カルテット」の影響で高橋一生にハマったからなんですがね。

 

高橋一生はこの「だから荒野」では亀田というミステリアスな男を演じておりました。

 

このドラマはそんなに派手じゃないけどなんというか…リアルなロードムービーならぬロードドラマって感じですかね。

 

物語は簡潔にいうと、鈴木京香演じる専業主婦の朋美が現実にうんざりして家出ちゃう話なんです。いやいや、家庭放棄!?って思うかもしれませんか朋美さんが一概に悪いとは言えないんですよ。無神経で自分勝手な亭主関白な夫、冷酷な長男、引きこもりの次男、そんな家族にと一緒にいるのが辛くなって逃げ出してしまったんです。「自分は家庭にいるだけだ、孤独だ。」って。

 

そんな朋美さんの家出という"旅"を通して描かれる再生のドラマなんです。ちょっとの勇気があれば、どんな境遇にいてもやり直すことができる。また、たどり着いた先、長崎での出会いを通して、誰もが抱えている過去の過ちを浄化するような優しさも込められたヒューマンドラマでした。

 

高橋一生がまた良い役なんですよ。

 

こういうドラマいいな。何気ない日常の中でそこに生きる人々の人生を丁寧に描いたドラマ。一見、順風な毎日を送っているように見えても、実際その人にとって歩いている道は荒野。

 

「人は変わろうと思えば変わることができる」このことさえ忘れていなければいつまでも希望を持ち続け生きることができる。

 

こういうのにお話にもっと出会いたい。

ゴロゴロ

ゴロゴロ

 

どうしてこんなにゴロゴロしてるんだ。

 

 

なんでこんなに何のやる気も起きないのだ。

 

 

ずっとゴロゴロ

 

 

おやすみなさい

肉とアイス

社会心理学の試験準備一応完了!改めてレジュメ見返してみると、意外と板書しっかり取ってなかったんだなぁって思った。自分、しっかりしろ!

 

 

ゲストハウスでバイトしたい欲発動。八丁堀にある良いところ1つ見つけちゃった。とりあえず今度偵察に行ってみよう。

 

 最近、観劇できてないなぁ。お金ないからなぁ。

 

 

そして、本題!学校帰りにローストビーフ&生ハム食べ放題行ってきた。withがたやまつもりゆー

f:id:rbamw:20170116235858j:image

 

なんと!【1000円で食べ放題!】ってことだったはずなんだけど、なんやかんやで3000円近く払ったな。まあ美味しかったから良いんだけどね。

 

新宿東口のXROSSCASAっていうお店。

 

歌舞伎町一番街の通りの地下にあるんだけど、歌舞伎町っていろんな意味ですごいねぇ。こんな世界ほんとにあるんだな〜って感じの未知な世界。裏がありそうな雰囲気。

 

 

 そしてそのあと初コールドストーン!

f:id:rbamw:20170117000021j:image

ベリーフルベリー!結構酸っぱかったけど美味しかったよ。作りながらお歌も歌ってくれた!

 

 

f:id:rbamw:20170117003107j:image

 あとね、これら↑

たまたま見つけた、欲しくて欲しくてたまらなくなってしまった自分好みなデザインのポーチ。こういうデザイン好きなんですよ。でも1つ4000円近くもするから諦めた。

 

 

帰り道、しょっぱいもの食べ過ぎたからかなぁ〜異常にノドが渇いて仕方がなかったのでした。

成長!

ほんとはゆとりが欲しいのに、

ぐ〜たらしていたいのに、

忙しいの嫌いなのに、

 

何かもったいない気がしていつもせかせか焦って常に何かしら動いている。動いていると必然的に退屈さを紛らわすことだってできますし。

 

心は常にエネルギッシュでアクティブなんだけど身体がだいぶものぐさで惰性的であるからなんですよ。

 

 

 

でも、もうやめよう

焦らない、焦らない、

 

 

何かを獲得しようとしすぎない。

 

 

わかってはいるんですよ、だいぶ前から。自分の長所も欠点もどちらにもなりうる性質も、なのに学習しないなぁ〜そろそろレベルアップしても良い頃なのに。

 

 

忙しいアピールしたいわけじゃないけど、

 

 

怒涛の日々が始まろうとしている。

 

分単位のスケジュールで動いていかねば自滅しそうだわ。

 

春までに託された任務が5つ。

 

どれも自分がやると名乗り出た以上、責任を持ってこれらの任務を遂行させねばならない。

 

 

この義務感。

義務感を持ってやるんじゃなくて楽しんでやらなきゃ。

 

頑張れ、自分!

ストイックに!器用に!

 

 

 

と、その前に、試験、試験。

 

 

 

空間とは非常に、、、

手を伸ばせば届きそうなくらい限りなく近くにある、でも実際はものすごく遠いもの。それとそれの間には、容易に越え難いラインがあることについて。

 

 

中3の頃、夏休みの社会科見学で霞ヶ関で裁判を見たことを思い出しました。 

そのときに思ったことは同じ空間を共有していながら法廷と傍聴席はまるで別世界だということ。

 

傍聴席にいる私たちは日常の単なる生活の一部でしかないが、法廷にいる人にとっては、まさにそこは自分の運命が決まる場である。

 

空間とは非常に、、、、

 

非常に、、、

 

非常に、、、

 

 

言葉が出てこない

なんて言ったら良いんだろうこの気持ち。

どうやら、この気持ちを表現する語彙を生憎持ち合わせていないらしい。

 

 伝われ !

 

 

 

まあなにはともあれ、印象的な記憶がふいに蘇ってきたので書いてみたのであります。ただそれだけ。

12/3まとまりのない現状報告

もう12月か。

大学もライトアップ。

f:id:rbamw:20161203104142j:image

慌ただしく過ぎ去っていく日々。

 

 

去年の今頃は何をしてたかなあ?

 

終わって行く授業にしみじみとさびしさを感じつつ迫り来る受験への恐怖におののいていた感じかな。

 

高校は楽しかったなあ〜としみじみと思います。

 

特にこの前、とある機会で高校に久しぶりに訪れた時、高校は暖かくて、居心地が良すぎたんだな〜と思い、感極まって帰りは半泣きでした。

 

環境適合能力が低いのかな

そのうち慣れるか。

 

 

バイトについては今月いっぱいで居酒屋やめる。飲食キッチンはもうやらない。次はお弁当屋さんかな。

 

 

しかしながらやらなきゃいけないことたくさん過ぎてキツイ。計画的にこなさなかった自分が悪いのだけど。

 

行動力はある(はず)だけどなんせ出不精なもので。

 

ゆったりまったり過ごしていたい、と思う自分とテキパキサクサク過ごしていたいと思う自分がいるんですよ。どっちの自分が現れるかは日によって違う。

 

 

f:id:rbamw:20161203104442j:image

そしてそして「青の洞窟」行ってきた。やっぱイルミネーション好き。クリスマス前から年末年始にかけての日本の雰囲気好き。もっとイルミネーションみにいきたいな。1人でいいの、ヤケになってるわけじゃないよ。イルミネーションみながらベンチに座って物思いにふけりたい。ボーッとしたい。

 

 

夜の遊園地

本日は感想文

この本を読んだ人でないとちょっと面白くないかも。

 

 

だいぶ前になってしまうが、

浅田次郎の最新の短編集「帰郷」読了。

これらすべての話は背景が戦時中ではなく戦後であるのが特徴かな。

 

個人的に戦後が描かれている作品は小説に限らず映画でもドラマでも好き。

「THE PACIFIC」でも帰還編が一番好きだもんなあ

 

 

やはり、どの話も期待を裏切らない作品ばかり。

 

その中でも一番気に入った話は

「夜の遊園地」

 

今までにない面白い観点から作られたのストーリーだな〜と。

 

時は昭和30年代くらいかしら?戦後から復興への過渡期、

どんなに時代が移り変わろうとも心についた傷はそう簡単には癒えない。

過ぎゆく時代に取り残されている人々。

 

 

そんな人々の葛藤や苦しみが煌びやかでまばゆい夜の遊園地と対比されより虚しくもの悲しい印象を受ける。

 

戦死した者、生き残った者、どちらが悲運なのか?

 

 

遊園地のジェットコースター、お化け屋敷を通して蘇るあの生々しい戦時中の記憶。

 

目に見えるものだけが真実ではない、と諭されているような気分になる。

 

 

 

それに加え、親子の描写。

これもまたどんなに時代が過ぎ去ろうとも変わらぬ親子の絆。

大人になってすべてのことを知った今、もう一度母の声を聞いてみようとする主人公。

それでも母の新しい家族に迷惑のかからぬよう配慮する思いやり。切ないね。