読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪漫日和

Seeking the romance of my life

過ぎ行く日々の中で

最近は安定した日々ですが、常に思うことは多々あって、頭の中はやはり混沌としています。何が不満なのか、自分でもよくわからない。

 

最近思ったこととりあえず書いていきます。

相変わらず、日本語は下手です。 

あくまで、”とりあえず”書いているだけですからね。

 

 

 

「やりたいことがありすぎて全部やるには時間が足りない、どうしよう。」

っていう悩みは、意外と多くの人に当てはまるもの。自分だけの悩みではないのだなあ〜と。

 

 

 

一貫性のある生き方をしたがっている。例えば他人から「あなたの人生はどういう人生でしたか?」と聞かれた時、上手に答えられるように。自分のする行動すべてに意味を持たせたくなる。でも実際は自分フワフワしすぎで気分も思考もコロコロ変わるし軸がないのね。何か信念を持って取り組めるものに出会えればいいのに。いや、出会うはダメか、受身はダメだものね。見つけていかなきゃ。

 

 

深い考察力を持ちたい。ドイツ語の授業でみた「グッバイレーニン」面白かった。コメディーなのかトラジティーなのかわからなかったけど。全編視聴し終わった後先生が『この映画は何をテーマにしているのか?』と質問を投げかけた。答えられなかった。「東ドイツへの弔いがテーマだ」という模範解答にとても納得した。”言われてみればそうかも”と。読書の後や映画をみた後にネットでその感想やレビューの記事を見るのが好きなのだが、いつも”言われてみれば”そうだな〜 と思うことばかり。自分が頭の中でフワフワしているものを代弁してくれているものも見かける。本当は自分で見つけたいのに、自分で思ったことは自分で言葉にしたいのに。ストーリーだけ追いかける読書や映画を見るのはこれからやめよう。

 

 

愚直にまっすぐ生きる人生と器用に要領よく生きる人生、どっちの方がかしこいのかしら?

 

モチベーションを維持し続けることは大変。

 

今やるべきことは、世の中についてもっと良く知ることと英語の勉強。

 

 

「隣の芝生は青い症候群」ってやつですかね、周りがとにかく羨ましい。

自分期待しすぎちゃう性格なんだけど、期待しすぎ、ってほんと良くないよ。現実はいつだって現実なんだから。ロクなことない。

 

 

どこか違う次元へ行きたい。